店の品物とは関係ないけど… どうしても取り上げたいので。

“Ain’t Got No, I Got Life” by Nina Simone ニーナ・シモンです。

モノを扱う店をやっていながらあれなんですけど、やっぱり余計なモノなんていらないヨネ、と指し示してくれる音楽です。

1969年の Harlem Cultural Festivalでのパフォーマンス。このフェスティバルには他にも、Stevie Wonder、Sly and the Family Stoneなどそうそうたるアーティストが出演したそうです。キング牧師が暗殺されたのがこの前年のことで、まだまだ空気が熱い。客席にはアフロヘアーの人々。そしてこのバンドのグルーブ。Nina Simoneのこのフェスでの映像は他にもYouTubeにあり、そちらもとても見応えあります。

わたしには家がない 靴もない

金もなければ 品もない

友達もいないし 教育もない

仕事もないし 職もない

金がないから 居場所もない

父はいないし 母もいない

子どももないし 兄弟もいない

土地もなければ 運命もない

頼る教会もないし 祈る神もいない

誰にも愛されてない

ワインもないし タバコもない

服もなければ 祖国なんてない

品もないし 生徒なんていない

友達はいない

何もない

神様なんかいない

大地もなければ 水もない

食べ物もない 家もない

服がないって言ったよね

仕事もない

なんにもない

誰にも愛されてない

じゃあ、私には何があるの?

私はなんで生きてるの?

誰も私から奪えないものって何?

私にはこの髪がある

頭がある

脳味噌もあるし 耳もある

目もあるし 鼻もある

口があるから 微笑むこともできる

私には舌がある 顎もある

首もあるし おっぱいもある

ハートもあるし ソウルもある

背骨もあるし セックスもある

腕が 手が 指がある

脚も 足も 足の指もある

肝臓もあるし 血も通ってる

命がある

私は生きてる

頭痛もするし

虫歯も痛む

調子が悪い時もある

あなたと同じよ

私には髪がある

頭がある

脳味噌もあるし 耳もある

目もあるし 鼻もある

口があるから 微笑むことができる

舌がある 顎もある

首も おっぱいも

ハートも ソウルも

背骨も セックスも

腕が 手が 指が

脚が 足も 足の指もある

肝臓もあるし 血も通ってる

命がある

私には自由がある

心がある

私は生きている!

(日本語詞は「辛かった時期に聴いていた応援歌」と紹介されていた、映画評論家・町山智浩さんのブログより引用させていただきました)

広告